オリジナル バーチャルマネキン

バーチャルマネキンとは?

バーチャルマネキンとは、特殊フィルム「Vikuiti」を使って人物の映像を映し出した驚くほどリアルな平面マネキンです。




<a href="http://www.apple.com/jp/support/quicktime/">please, install QuickTime plug-in.</a>

ビジネスフェアにてバーチャルマネキン出展時の様子

バーチャルマネキンモデル 田島好恵

ARIZE PROMOTION公式サイト

モデル「田島好恵」公式ブログ

バーチャルマネキンは、3つ高度な技術によって創られます。

Vikuiti(ビキュイティ) 高輝度・高コントラスト・広い視野角を実現した背面投射用フィルム。

特殊フィルム「Vikuiti」は背面投射用の高輝度スクリーンです。高度なフィルム加工技術により、全面にマイクロビーズレンズを配列。高輝度・高コントラストで非常に明るい映像を映し出すことができます。
それは昼間の明るさの中でも映像を放映することが可能です。さらにシートという特質上、間仕切りや窓ガラスに貼ることで空間のイメージを損なわずに映像メディアへと変貌させることができます。自由な形状にもカット加工できますのでロゴマークに切り抜いたりと、様々な演出に活用できます。

EPSONのプロジェクターだからできる形にとらわれない高次元の映像演出。

プロジャクターの特徴を活かした様々な告知演出がありますが映像の形にこだわらない演出もその1つです。
例えばこのバーチャルマネキン。上半身部分をプロジェクターで表示し「Vikuiti」と組み合わせることで、驚くほどリアルに人物を再現できます。
極めて視認率の高い効果的なプロモーションの可能性を秘めています。

デザインが動くと、人が動く。視覚に訴え、心に伝える、メディアマガジンのデザイン力。

お店・企業とお客様とのあいだにつながりを生むことがサインに求められる大切な役割です。
そのために生まれた最新のハードを、メディアマガジンの表現力・技術力で最適なツールとして完成させます。

メディアマガジンが創りだす、コミュニケーション・デザイン。
デジタルサイネージ分野で、その真価を発揮します。

資料請求

※ ご不明な点、ご質問はこちらまでお問い合わせください。shinkawa@chita.co.jp

▲ページトップに戻る

オリジナル
キャラクター専門店
GS向け大型LEDサイン
バーチャルマネキン
最耕野菜・上糖果実
きんの土(土壌改良材)
たこ焼フランチャイズ
  • 肥えた大地から自然のおいしさ 最耕野菜シリーズ 農業ブログへ
  • 農業ブログへ
  • 薄皮パリパリたい焼 米乃家オフィシャルサイト
  • 油種表示LEDスタンドサイン Cheese Cake(チーズケーキ)